TOP|UCY|DIARY|SERVICE|TEAM|ITEM|EVENT|BICYCLE|SCOOTER |BBS 


MAVICのホイールシステムは軽量で強いリムを作り剛性の高い支点となりうるハブ、動力を伝え横方向からの力にもしっかり耐えることのできるスポークを採用します。
カセットスプロケットが取り付けられるフリーボディにも軽量なアルミ素材は使用しておりません。
多少重量が増したとしてもライダーの体重が掛かり、実際に走行した際にスムースに動力を伝え確実なライディングができるホイールを作製しております。
ただ軽いだけがホイールではありません。

更にメンテナンス性も非常に高くハブのグリスアップ、ベアリング交換なども非常に容易です。

動力部にはFTS−Lを採用しより強く確実な伝達を行います。
スポークの代表格といえば太くインパクトのあるZICRALスポークが有名。軽量で剛性の高いアルミ合金スポークです









どこまでも続く道をMAVICと共に…











MAVICが定期的に行う販売店向けの試乗会にも参加。静岡県修善寺にあるサイクルスポーツパークにて各モデルのテストライドを行って参りました。
スタッフにホイール特性や着目点を聞き実走。
この日だけで雨のロードコース(アップダウン激しい)を70kmも走行。コンディションはハードでしたが多くの経験を得ました。
EXALITH2リムをはじめとしたMAVIC独自のブレーキ性能をレースコースで体感。想像を遙に超えるブレーキ性能に感激!

MAVICホイールタイヤシステムの素晴らしさも体感。ホイールに合わせて最適なタイヤが標準装着されているのですが、これが思った以上に転がりも軽く抜群のコーナリング性能!雨が激しく降るタイトなコーナーでも安定した走りをしてくれました。





BACK

2013年4月 上野サイクルはMAVICと正式契約を交わしました。
今まで契約をしたくてもする事のできなかったMAVIC。今後もお客様が末永くバイク、ホイールと共にバイシクルライフを楽しんでいただける様、日々製品についての知識、情報をアップデートしてまいります。

MAVICのホームページには彼らが自信を持って提案するテクノロジーの詳細なども掲載されております。ぜひ一度ご覧下さい↓
http://www.mavic.com/ja

卓越したアルミリムの製造技術、SUPFOREテクノロジーなどをはじめとした他の追随を許さない軽量で高強度なリム。

近年ではインタースポークミリング3Dを日々アップデートしリムの軽量化、低慣性化を加速。なのに強い。←この強い。という部分が重要ですよね。



MAVICは斬新なテクノロジーをホイールの種類、グレードによって使い分けている。
最上の乗り心地を手にする事のできるR−SYSに採用されているTRACOMPテクノロジーなどは構造を知り実際に走らると自分の力量にホイールがピッタリとマッチする感覚になる。
ただ硬くする柔らかくするのではなく最適な剛性をピタリと導き出すのです。

エアロダイナミクスに優れたホイールなどには
R2Rと呼ばれる,ハブを通ってリムの片側から反対側まで続くMAVIC独自のカーボンスポークを採用しております。

この様に多くの技術を持ち、ライダーが求める走行性能を最大限に発揮させることのできるのがMAVICの素晴らしい部分なのですが、そこにホイールの耐久性であったり強度に関する妥協が一切ないという事が他社との大きな違いかなと思っております。





新たな製品の知識を得るのは当然なのですが、実際に乗ったフィーリングであったり、色々なシュチュエーションでの使用感、(登り、下り、平地、荒地)を当店スタッフが走り、体感し、そこで得た物を皆様へフィードバックできるよう日々学んでおります。

ホイールのグレードアップ、新調でお悩みの方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。普段の走行内容やどこに重点を置きたいかなどのリスニングをしてお勧めのホイールセットをご提案いたします。








2013年夏…待望のコスミックカーボン40Cが発売されます。
まだ日本で5セットしかないテストホイールにも試乗し、その走行能力の高さには驚かされるばかりでした。全ての分野に秀でており、コレ一本あればどんな走りでもできる!!と言えるホイールですね。

このような試乗会&テクニカルセミナーを頻繁に受講し、MAVIC製品をご購入頂いた皆様がよりよい環境でバイシクルライフが過ごせるよう日々努力して参ります。

尚、コスミックカーボン40Cは6月頃に店頭入荷する予定になっております。
この時期に松山市でコスミックカーボン40Cが入手できるのは試乗会に出席した当店だけとなっております。